--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラムリーバーガー。

2011年07月06日 20:00

先日書いたマレー鉄道のシンガポール駅。
6月末で閉鎖してしまったので、この記事を書いてももう遅いのだけど…


シンガポール駅のフードコートの中。
アジアンフードのストールが多い中、ハンバーガーのお店がありました。


Ramly Burger at Tanjong Pagar Railway Station

RIMG3119.jpg

ラムリーバーガーっていうのは、マレーシアのハンバーガーらしい。


マラッカ旅行でこの駅を利用した時は早朝で閉まっていましたが、気になる・・・
ってことで、翌週末に再訪。


お店、やってました^^

目の前でゆっくり丁寧に作ってくれました。

この鉄板の上で、パンを焼いて、パテを焼いて、卵を焼いて…

RIMG3125_2.jpg


焼き上がったら、特製スパイス?をかけて、
薄く焼いた卵の上にパテをのせて、卵で包んでました。
おもしろい。
パテ(お肉)を隠すため??
あ、でもかじったら、一瞬で見えるか…

RIMG3128.jpg


キャベツも少しのせて、調味して、パンで挟んでできあがり。
ちゃんと紙に包んでくれました。

RIMG3134.jpg


お味は、ちょっとケチャップが多かったのだけど、なんとも素朴でおいしかったです。

もうすぐこの駅閉鎖だけど、お店はどこに移動するの?って聞いてみたけど、知らないって。
(私の英語がまずかったのかも

もうシンガにはお店がなくなってしまうのかなぁ…

近くにあったのに、全然行ってなかったけれど、なくなると妙に寂しく思います。



この日、駅舎の裏手で気持ちよさそーに昼寝していたニャンコ。

RIMG3156_2.jpg


引っ越し先はわからないけど、心地いい昼寝場所をゲットしていますように^^

RIMG3181_20110706205530.jpg


スポンサーサイト

マレー鉄道でマラッカ日帰り旅行 [1] シンガポール駅~クルアン駅

2011年06月21日 12:09

マレーシアを縦走しているマレー鉄道
その終着駅がシンガポールにあります。

駅名は、そのまんま「シンガポール駅」。
MRTのTanjong Pagar駅から徒歩10分くらいのところで、我が家に一番近い駅でもあります。(普段乗らないけど。)

このシンガポール駅、あと10日足らずで廃止となり、7月1日付でマレーシアとの国境に近いWoodlandsに移転します。その後、近い将来、マレー鉄道はマレーシアのジョホールバルまでの運行になりシンガポールからは撤退するみたい。

シンガポール独立後も、マレー鉄道の鉄道用地はマレー鉄道の資産保有会社の所有のままだったのですね。それがシンガポールへ返還されることになったらしいです。


さて、先日そのシンガポール駅からマレー鉄道に乗って、マラッカへ日帰り旅行に行ってきました。
今回はパンダバスのツアーに参加。

まだ薄暗い朝7:00前、テクテク歩いてシンガポール駅へ。
RIMG2890_2.jpg

少しすると明るくなって、人も増えてきました。

RIMG2908_2.jpg

サイクリスト達がぞくぞく集まってきてビックリ。

RIMG2907_2.jpg

このタンジョンパガーにあるシンガポール駅は1932年に移転してきたもの。
趣があります。西洋の駅っぽいですよね。

RIMG3170.jpg

RIMG3171.jpg

電車の発着は2番線から。
1番線のホームに、カフェがあります。
電車に乗らない人も自由に入ることができて、電車の発着を見ることができます。
ここにお茶だけしに来る地元の人も多いんだとか。

RIMG3147.jpg

写真を撮りに来ている人がたくさんいました。

RIMG3138.jpg

駅の中の表記は、マレー語がメイン。
マレーシアなんですね、ここは。

RIMG3145_2.jpg


出発が近づいてきたので、1番ホームへ。
電車に乗る手前にマレーシアのイミグレがあります。

RIMG3144_2.jpg

ここで、マレーシアへの入国手続き。(シンガポール出国手続きはまだだけど…。)

手続き完了!いよいよ乗車~。

RIMG2923.jpg

足元注意~!

RIMG2925.jpg

座席はこんな感じ。

RIMG2927.jpg

いたってシンプル。
だけど、車両の半分は進行方向前向きで、残り半分は逆向きに座席が設置されてる!
私達の席は残念ながら後ろ向き^_^;

いざ出発~。

RIMG2930_2.jpg


後ろ向き車窓からの眺め。

RIMG2934.jpg

線路を人が歩いてた…まあ、単線だから危なくはないだろうけど。。。


シンガポールの中は、こんな感じで少し緑と、その後ろにHDBが見えたり、工事現場が見えたり…の景色が続きました。

RIMG2937.jpg

そして、Woodlands駅に到着。

ここで一度、全員が下車して、シンガポール出国手続きをします。
マレーシア入国→シンガポール出国といういびつな出入国手続き。

RIMG2938.jpg

全員が出国手続きを完了すると、ホームへの入口が開放されます。
再度乗車して出発!

ほどなくして、ジョホール・シンガポール・コーズウェイを通って国境越え。
このジョホール海峡を渡る道は、マレー鉄道と道路、水のパイプラインが通っています。

RIMG2944.jpg

マレーシアのジョホールバルが見えてきました。

RIMG2947.jpg

上の写真に写ってるのは3つの水のパイプライン。
シンガポールは国土も狭いし高い山がないので、自国で水がまかない切れず、マレーシアから原水を買っています。3本のパイプラインのうち、2本を通してマレーシアから原水を買い、残りの1本で上水をマレーシアに売っているそうです。

マレーシアに入国後は、緑いっぱいのこんな景色が続き、マレーシアってやっぱ広いよなぁ~と思っていたら、寝てしまってました^_^;

RIMG2950.jpg

添乗員さんに起こしてもらって、下車準備。
マラッカまで乗らずにクルアンという手前の駅で下車する旅程です。

下車直前に通りかかった車内販売。

RIMG2953.jpg


クルアン駅到着。
RIMG2960.jpg

RIMG2958.jpg

マレー鉄道での旅はここで終了。
この後、バスでマラッカに向かいました。


見慣れたような景色が多かったので、車窓からの眺めを大いに楽しんだ!ってわけではなかったけど(途中結構寝てしまったし…)、廃止になる前に一度シンガポール駅からマレー鉄道に乗れて、いい経験になりました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。