--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maui trip[3] Sunset at Lahaina

2011年07月26日 09:12

前回のハレアカラのサンライズに続き、今度はサンセット。
西マウイにあるラハイナへ。

ちなみに・・・
マウイで声をかけていただいた長期滞在中の日本人の方に教えていただいたのですが、西マウイとハレアカラのある東マウイはもともと別々の島で、噴火による溶岩でひとつの島になったんだそうです。
へぇ~。確かにそんな形してるわ、マウイ島。


より大きな地図で くいのシンガポール日記Map を表示



ラハイナは、カメハメハ2・3世のときに、ハワイ王国の首都として栄えた町。
捕鯨でも有名だったらしい。
今は観光地として栄えています。


趣のあるショップハウスが立ち並ぶ海沿いの街並みを散歩。

DSC_0656_2.jpg


チェーンのチーズバーガーショップの建物もなんだかいい感じ。

DSC_0678.jpg


ラハイナは、マウイにいる間で一番人を見たスポットでした。

DSC_0676.jpg


RIMG3624.jpg



土手に座って、近くにあったCold Stoneのアイスを食べながら、サンセットをぼーっと眺めることに。

RIMG3629.jpg


どこでも見れるはずのサンセットですが、旅行先で見ると特別なものになりますね。

RIMG3633.jpg


RIMG3649.jpg


この後、少しショッピングをして、お店を出るとすっかり真っ暗。
夜もなかなかいい感じです。

RIMG3654.jpg

↑でっかいリムジン。
ハネムーンで来る人が多いからか、ハワイではリムジンをいっぱい見ました。最初はお~っと思って振りかえってたけど、最後の方は普通の景色になってました。



今回は時間がなくて散歩しただけだったけど、ラハイナは史跡も多く、それぞれのスポットに説明の看板もあるので、見て回ると楽しそうでした。

DSC_0655_2.jpg



スポンサーサイト

Maui trip [2] Sunrise at Haleakara

2011年07月21日 11:55

ハレアカラ山は、マウイ最高峰の休火山。
標高3,055メートル。
山頂付近は、ハレアカラ国立公園になっています。


この山、頂上まで道路が舗装されていて、山頂まで車で行けてしまいます。
この山頂付近から見えるサンライズが素晴らしいということで、行ってきました。


深夜2:30。
レンタカーに乗って、ホテルを出発!

マウイの道はあまり街灯はないので(反射鏡がありますが)、真っ暗闇の中、周りに走ってる車もいないし、怖かった~。


378号線に入るところから、他に3,4台車が走ってて、やっと少し安心。
慣れてそうなキャンピングカーの後ろについていきました。
この日は恐れていた霧も出なかったので、思ったより楽に車を走らせることができました。
(運転は旦那さんですが


ハレアカラ国立公園入口で、入園料の10ドルを支払い、さらに上へ。
そして、4時すぎに頂上手前にある駐車場に到着。


車を降りると・・・さぶさぶ寒っっっ!!!
思わず、車に飛び戻りました。
標高3,000メートル級の山ですから、頂上付近は、寒い。
わかってたけど、それ以上に寒い!!


とにかく、人の流れについて、この小さな山を登りました。
どうやらこの上から見えるらしい・・・
(↓この写真は明るくなってから帰りに撮った写真です。)

RIMG3457.jpg

紫の服ののおばさんっ!!
寒いよ~、もっと厚着して~。
見るのも寒くてつらかった^_^;
左に写ってる厚着の若者の出で立ちが正解。のはず。


山の上に着くと、まだ暗かったけど、「これぞ雲海!」な景色に圧倒されました。

RIMG3374.jpg

↑日の出を待つ旦那さん。
気温が低いのは当然ですが、さらに風が強くて、日の出を待つ時間はなかなか忍耐が必要でした。

この日私は、上は長袖Tシャツ3枚がさねの上に、ロングダウン(フードをかぶって、キュッとしばる)、下は厚手のズボンの下にレギンスを重ねた出で立ち。
さらにホテルからこっそりタオルケットを持ち出してきました。
それでも寒い寒い。
貼るカイロと手袋を、家から持参すればよかったと後悔しました…


そして激サム状態で待つこと約40分・・・

RIMG3395.jpg

RIMG3409_20110713000501.jpg

わぁ~
雲があってクリアな日の出は見れなかったけど、日の光が雲海に反射して幻想的~!
なんだか、自分がどこにいるのかよくわからない不思議な感覚でした。


そして、明るくなって見えてきたのは、ハレアカラクレーター。
DSC_0463.jpg

火口丘がいくつもあり、ハレアカラが休火山であることを思い出させてくれます。
最後に噴火したのは1790年だそう。
ここに古代ハワイアン遺跡も多数あるらしい。
こんな高くて、寒いところに・・・調べてみたらおもしろそう。



すっかり明るくなったので、車に戻り、もう少し上のハレアカラの頂上にも寄りました。
展望台?みたいな小屋がありました。

RIMG3460.jpg

ここからの景色もまたステキでした。

RIMG3468.jpg



ハレアカラとヒマラヤでしか見れないという高山植物。

RIMG3458.jpg

シルバースウォードっていう名前らしい。
そんなに貴重だとは思わず、「何これ?なんかキモイ~」とか言いながら一応撮った写真。


この後、さすがに体が冷え切ってしまったので、下山することにしました。


↓この写真は、日の出を見るときに駐車した、頂上手前の駐車場。
RIMG3428_20110713000501.jpg

頂上まで、道がきれいに整備されていることがわかりますよね。
もっとガタガタした道かと思ってたので、驚きました。



あと、写真には写せなかったけど、登ってくる途中に休憩がてら停車して見た星空が、それはそれは素晴らしかった!
あんなに近くて、星だらけの夜空を見たのは初めて。
宇宙を感じられる貴重な体験でした。
頂上まで来てしまうと、少し明るくなってきて見れないかもしれないので、登ってくる途中、星空に包まれたら、一度車を停めて星空観察するのがいいんじゃないかと思います。



あー、ホントに行ってよかった、ハレアカラ。
不思議なパワーをもらって、癒されました。
また違う日のハレアカラにも行きたい!!と思わせてくれます。


言葉にならないこの感動は、間違いなく今回のハワイ旅行の目玉でした。(オアフ込みで)


あ、どうしよう。
ハワイ旅行記、こんな早い段階で目玉を出してしもうた。

この後尻すぼむか・・・?



まだまだつづく。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。