--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年途中で変わる??シンガポールの祝日。

2009年10月19日 12:24

多民族多宗教国家のシンガポールの祝日は、その多くが各宗教の祭事日となっています。

例えば「正月」に関係する祝日は年4回。
1月1日の新年の他に、中国系の人が祝う中国正月、マレー系のハリ・ラヤ・プアサ、インド系のディーパバリと4回あると言った感じ。

ちなみにおとといの10月17日(土)はインド系の正月、ディーパバリで祝日だったのですが、多くの2009年カレンダーでは11月15日(日)がディーパバリとなっています。
今年のカレンダーを印刷した昨年の年末頃には11月15日だった祝日が、年の途中で約1カ月前倒しの10月17日に変更されたのです


にわかに意味がわかりませんでした
だいたいそんな事があるなんて思ってもみないので、私は直前まで10月17日が祝日だって知らなかったよ~

ちょっと調べてみると、今年の2月10日にシンガポール人事局(the Ministry of Manpower)
から、今年のディーパバリの日付の変更(確定?)が発表されてました。

  インド暦が確定したことにより、ヒンドゥー基金局(The Hindu Endowments Board)
  からアドバイスされて、11月15日に代わって10月17日にディーパバリを確定した。
  約1カ月も変更になったのは、今年は珍しく”no moon”dayが10月中旬から11月中旬
  の間に2回あったためで、2回目の11月15日から1回目の10月17日に変更したもの。
  (だいたいこんなことが書いてあったと思う)

意味は・・・よくわかりません。すみません。
ディーパバリは善(光)が悪(闇)に打ち勝つという伝説にちなんで行われるヒンドゥー教のお祭りで、「光の祭典」とも言われるそう。だから最も暗い”no moon”day という日に光のお祭りをするってことだと思うんだけど、それ以上はよくわかりません・・・


まあ、とにかく!このデーパバリ、毎年変動するようで、インド暦が確定するのが年明けだから、年の途中でも祝日が変わってしまうらしい。(1カ月も変わるのは珍しいようですが)
日本では考えられませんねーー。

しかも、11月15日は日曜日なので、翌16日月曜日が振替休日だったのが、10月17日の土曜日に変更になったので、こちらは振替休日なし。もちろん、元の振替休日11月16日も休日ではなくなった!
そう!サラリーマン的には、1日休みが減ってしまったわけです。
旦那さんは今日は出勤。なんか損した気分だぁ


ちなみに、ディーパバリ以外の祝日も、それぞれの暦によって変動する可能性あり。
旅行で来られる場合は、祝日でもお店は開いてるからそんなに関係ないけど、病院とかは閉まってたりするのと、あと祝日の行事を見たい場合には日が変更してたら見れなかったりするので、最新情報チェックをおすすめします
まあ、年に11日しかないけどね~

Singapore Public Holiday 2009
Singapore Public Holiday 2010
※日曜が祝日の場合は、翌日がお休み
※2010年のは、もちろん確定してませんよ~。


スポンサーサイト


コメント

  1. ふさ | URL | -

    へぇ~

    お正月が四回もあるのね。

    ちなみに、no moon dayはたぶん新月の事だと思います。

    新月の時は、新しい生命の始まりで、種まきすると豊作になるらしいです。

    反対に満月の時は、満ちてるので、出産とかも多いですね。

    多文化コミュニケーションやなあ。

  2. くい | URL | -

    Re: へぇ~

    ★ふささんへ★

    へぇ~。no moon dayは新月のことですか・・・
    こういうこと明るくないので、読んでもすっきり理解できませんi-182

    色んな宗教の祭事があって異文化に触れられるのは、海外生活ならではって感じi-189
    少しは勉強したいです。少し・・・ねi-235

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

【この記事のトラックバックURL】
http://kuibrosingapore.blog34.fc2.com/tb.php/123-f9c3ceb2
【この記事へのトラックバック】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。