--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロブドゥール旅行[1] 日の出ツアー。

2011年01月06日 18:30

遅ればせながら、新年初更新です。

昨年もありがとうございました。
そして今年もどうぞよろしくお願いします。


さて、今回の年末年始は、ボロブドゥールへ遺跡を見に行ってきました。

RIMG1686.jpg

ボロブドゥールは、ユネスコの世界遺産にも登録されている、世界最大級の石造の仏教遺跡。
8世紀半ば~9世紀にかけて建てられたと言われています。
シンガポールでもお馴染みのラッフルズ卿に、森の中から発見されました。


場所は、インドネシアのジャワ島の中央部。
(地図上の水色のピンのあたり)


より大きな地図で くいのシンガポール日記 を表示

シンガポールからは、国際線でジャカルタへ(約1時間半)、国内線でジョグジャカルタへ(約1時間)。
そこから車で30~40分程度でした。


実は、今回のボロブドゥール旅行は、ちょっと冒険でした。

というのも、10月末に近隣のムラピ山(2968m)が噴火。
山頂から約30キロに位置するこのボロブドゥール遺跡にも降灰。
12月に入っても、近隣住民やボランティアによる火山灰の除去作業が続いていました。

直前の地元ホテルからの情報では、近隣住民も自宅に戻って生活の立て直しを始められている、また遺跡については10階建てのうちの7階までは立ち入りできるようになった、とのことだったので、思い切って旅行は決行することにしました。


到着の翌朝、ボロブドゥール日の出ツアーに参加することに!

早朝4:30集合!
できればボロブドゥールで「2011初日の出」!と行きたかったのですが、天気予報では31日の方が日の出を見れる確率が高そうだったので、「2010最終日の出」を目指しました。

着いたときは真っ暗。
RIMG1530.jpg

急な階段をそろそろと上っていると、少しづつ明るくなってきました。
RIMG1536.jpg


先ほども書いたとおり、火山灰除去作業のため、頂上の10階までは上れないと思っていましたが…
7階より上にも入ることができました!!やったー!
(午後、再度訪れた時は入れなかったので、ガイド付きの早朝ツアーだけに開放していたのかもしれません…)

ほとんどあきらめていたので、感激!


8階にて撮影。
RIMG1537.jpg



日の出を待ったのですが、お天気はあいにくの曇りで・・・
真っ赤な空を背景にしたボロブドゥールを見ることはできませんでした。

朝焼けを背景に。
RIMG1573.jpg
これはこれで、よかったです。



ちょっとかすんだ周りの景色も幻想的。
↓背景の右側の山が、今回噴火したムラピ山。
RIMG1605.jpg


遺跡内に火山灰はほとんど見られず、きれいに除去されていました。
感謝!


このあと、日本語ガイドの方についてもらって遺跡内を見学しました。


つづく~。
スポンサーサイト


コメント

  1. こけこっこー | URL | -

    よかった~!

    灰で遺跡が埋まってると聞いて断念したコケコです。
    ムラピ山がこうやって見えるんだねえー。

  2. くい | URL | -

    Re: よかった~!

    ★こけこっこーさんへ★

    どうも~。コメントありがとうございます!
    どうなるかと思ったけど、上まで上がることができました~。
    でも入れるようになったのは、数日前からだったみたいです…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

【この記事のトラックバックURL】
http://kuibrosingapore.blog34.fc2.com/tb.php/266-77edbaf6
【この記事へのトラックバック】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。