--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロブドゥール旅行[2] ボロブドゥール遺跡見学

2011年01月07日 17:00

日の出ツアーに引き続き、現地の日本語ガイドの方に遺跡を案内してもらいました。
観光の時に、個人でガイドをつけたのは初めてじゃないかな…
やっぱり現物を見ながら説明してもらうと、とてもわかりやすく、興味深かったです。


まずボロブドゥールの全景はこんな感じ。
(クリックしていただくと少し大きくなります)
DSC_0608_20110105132802.jpg

左の方に、人が4~5人いるのがわかるでしょうか。
それくらいの大きさです。

こんなものが8世紀末に、石を組み上げて作られたというのだから圧巻。


こちらは、遺跡のすぐ近くにあるマノハラホテルにあった模型。
DSC_0619_2.jpg

この模型だと少しわかりやすいと思うのですが、
この遺跡は、一番下の「基壇」、次にある「方壇」5段、そして「円壇」3段があり、
頂上に「大ストゥーパ(仏塔)」がある構造になっています。

これらは、「仏教の三界」(→Wikipedelia「三界」)を表しているといわれてるそう。
つまり、基壇(=欲界)方壇(=色界) → 円壇(=無色界)と頂上に向かって上がることが、
悟りへの道ということらしい。


それでは、遺跡の中のことも少し。
上から下の順番で。


【円壇(=無色界)】

これは一番上の「円壇」にあるストゥーパ群。
真ん中の大きいのは頂上の大ストゥーパ。

RIMG1629.jpg

手前のストゥーパと一段上のストゥーパの切り窓の形の違いに気付きますか?
手前のひし形は、まだ心が安定していないことを、一段上の正方形は、ゆらぎなく安定することを表してるそうです。

これらの小ストゥーパの中には、それぞれこのような仏像があったようです。
RIMG1619.jpg
↑これはハンサムブッダ。
顔もキレイで保存状態もよかったから、そう呼ばれるらしい。

だけど、他のそれぞれのストゥーパを切り窓から覗きこむと、頭や手足のない仏像がたくさん。
頭はオランダ植民地時代に持って行かれてしまったらしい。


7階部分にある、ラッキーブッダ「幸福の仏像」と呼ばれるストゥーパ。
テロにあった際、爆弾の被害がなかった仏像らしい。
中の仏像に触れると願いがかなうと言われている。
RIMG1628.jpgRIMG1626.jpg

DSC_0475.jpg

私もトライ。
意外と仏像までが遠かった…
触れるのに必死で、あまり願い事をしなかったな。ハハハ


【方壇(=色界)】

一段降りて、方壇部分の回廊。

RIMG1647_2.jpg

(左)回廊の床。様々な形の石が組まれてて面白い。(右)吐水口の彫刻。
RIMG1643_2.jpgRIMG1651_2.jpg


そして方壇の第1回廊に描かれたブッダの生涯。
たくさんの場面が描かれていました。

そのうちのひとつ。
真ん中の木の向かって左側に注目。(足が切れているように見える…)

RIMG1674_2.jpg

「天上天下唯我独尊」
誕生後、七歩歩いて右手で天を指し、左手で地をさして、言ったとされている。
足元は蓮の花が咲いている。

こういうふうな彫刻画が、回廊の壁にずらっと並んでます。
絵を描いた人も、掘った人もすごい。



【基壇(=欲界)】

最後、一番下の基壇部分の壁には、欲界の因果応報が描かれています。
そのうちのひとつ。

RIMG1668_2_20110105191751.jpg


【Before】
涼しい木の下で、悪口や噂話ばっかりしてたら・・・







RIMG1666_20110105191750.jpg


【After】
悪い顔になっちゃった(>_<)








残念ながら、欲界を解脱できていない私には、非常にわかりやすかったです…
悪い話しだけではなくて、いい事をすれば報われる話しも描かれていましたよ^_^



早朝だけでは飽き足らず、夕方にも再度訪れました。

年末とあってか地元の人が多く、学校の遠足で訪れてる子供たちもたくさんいました。

RIMG1705.jpgRIMG1688_2.jpg



夕方も歩き回って、大満足。
遺跡はやっぱり奥深い。
なんとも言えない充実感に浸りつつ、遺跡を後にしました・・・


旅行記はつづく~。

おまけ
RIMG1658.jpg
遺跡脇にあった菩提樹。
清々しい・・・
スポンサーサイト


コメント

  1. Megu | URL | VEIOABK.

    !!!

    眠れなくて、お友だちのFBを色々のぞいていたら、
    ここ見つけてしまいました!!
    写真がとっても綺麗!!

    アマン泊まったの!!
    めっちゃうらやましーい!!
    いつか泊まってみたいと思い続けているけれど、
    ダンナから許可下りない。(笑)

    アマンマジックにかかったことでしょう。
    東南アジアにいっぱいあるからね~、制覇しちゃう?

    モルディブといい、連続でステキだわ♪


  2. くい | URL | -

    Re: !!!

    ★Meguさんへ★

    わぁーーー訪問ありがとうございます!
    コメントも!うれしいです!!

    初めてのアマンでした!
    Amanjiwoはアマンの中ではおとなしめらしいですが、十分すぎ!
    他のアマンにも泊まってみたい…けど、当分ムリだなi-229

    うれしい驚きがいっぱいで、素敵な滞在になりました~。

  3. こけこっこー | URL | -

    ためいき。。。

    アンコールワットよりも古いと聞いていますが、巨大なんですねー。欲界の話が面白かったです。

  4. くい | URL | -

    Re: ためいき。。。

    ★こけこっこーさんへ★

    アンコールワットの方が規模は大きいそうですが、アンコールワットよりも数世紀前にこれほどの石造遺跡を作ったのだからすごいですよね。仏教遺跡であることも、興味深かったですよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

【この記事のトラックバックURL】
http://kuibrosingapore.blog34.fc2.com/tb.php/267-c93307e8
【この記事へのトラックバック】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。